アルコールなどの飲酒と喫煙は男性の不妊に影響がある?の情報ページ

MENU

アルコールなどの飲酒と喫煙は男性の不妊に影響がある?

アルコール

男性の不妊の場合には、精子に影響を与えることがあります。

 

精子数の減少や運動率や奇形などが関係してきます。喫煙や飲酒では卵子や精子など妊娠に大切な生殖器官に影響があり、不妊に繋がる受精率が低下しやすくなります。

 

運動率や精子数の減少はやはり不妊の直接な原因に繋がりやすいです。

 

妊娠した場合にもリスクがあり、流産の可能性が高まります。

 

そのため胎児に影響を与えないためにも妊娠の3か月前からなるべく控えるのが良いでしょう。これは男性にも言えることです。常時ミネラルの亜鉛が不足する事での精子数の減少があります。

 

飲酒をすることで亜鉛が足りなくなる場合があります。亜鉛は普段の食事から摂取不足になりやすいミネラルの1つです。精子の動きが悪くなれば卵子にたどり着けない場合などありますし、卵子の膜の部分を通過していく際にはある程度精子の能力が必要になります。

 

運動率が低下した際は、簡単には精子の元気が足りない事です。先天的に精巣に奇形や病気、ホルモンの異常、後天的な面など精子はいろいろな影響を受けやすいです。

アルコールなどの飲酒と喫煙は男性の不妊に影響がある? 関連記事

 
 

▲アルコールなどの飲酒と喫煙は男性の不妊に影響がある? 上へ戻る

アルコールなどの飲酒と喫煙は男性の不妊に影響がある? Page Top