女性ホルモンの分泌量増加に伴る精子の造成能力の低下の情報ページ

MENU

女性ホルモンの分泌量増加に伴る精子の造成能力の低下

女性ホルモン

男性にも女性ホルモンは少なからず存在しています。女性ホルモンは主に使われるところが男性の場合にはほとんどないため、骨の骨密度などを保つために使われます。

 

しかし女性ホルモンが多くなると精子自体は男性ホルモンですので、精子を精巣が造成する能力が低下してしまいます。

 

男性の喫煙による主に考えられる影響

  • 勃起不全(ED)
  • 精子の奇形が増える
  • 精子の受精能力の低下や運動能力の低下
  • 精子数が減少する

飲酒による亜鉛不足を防ぐ

セックスミネラルとも呼ばれている亜鉛は精子を作る上の材料として非常に大切です。

 

また体の中でたんぱく質を再合成する際に亜鉛は必要なため、男性の不妊に関わらず普段から必要な成分です。

 

肝臓でアセトアルデヒドの代謝能力を超えてアルコールを分解しようとなると二日酔いも起きやすいですが、亜鉛をかなり多く消費してしまうため、飲酒に対してシジミなどに多く含まれているオルニチンなど摂取する以上に亜鉛の消費を防ぐことが大切です。

 

かといって飲酒の際に亜鉛を大量摂取しても過剰摂取は健康に悪いので、普段から亜鉛を摂取するようにしていくと良いでしょう。そのうえでシジミのオルニチンが多く含む遊離アミノ酸などを摂取していくと効果的です。

 

サプリよりも自然な食品で亜鉛を摂取したい場合には牡蠣が多く含まれています。旬な食材ですので、一年中今では食べれますが、サプリメントを活用する場合には、原材料を活かしたサプリを活用してみてください。

 

シジミに含まれている成分は二日酔いには良いといわれていますが、亜鉛自体は多く含まれていないので、亜鉛を多く含む牡蠣のほうが亜鉛を摂取する利用目的の場合には効果的となるでしょう。

女性ホルモンの分泌量増加に伴る精子の造成能力の低下 関連記事

 
 
 

プルプル感があるコラーゲン質な食感が楽しめます。もともとコラーゲンはたんぱく質の中の1つなので、たんぱく質の保有量も多い傾向にあるのです。また男性の滋養強壮に効果的な理由としてはアルギニンと呼ばれるアミノ酸が豊富...


 

▲女性ホルモンの分泌量増加に伴る精子の造成能力の低下 上へ戻る

女性ホルモンの分泌量増加に伴る精子の造成能力の低下 Page Top